永久脱毛の副作用とは?

永久脱毛で考えられる副作用

永久脱毛をクリニックで受けると、レーザーは黒い毛に反応するので、毛根周りの皮膚に赤い炎症を残す場合があります。皮膚が弱い人や白い人は赤みが目立つ場合がありますが、一般的に数日で自然に治ります。
医療レーザーの後にブツブツと白く膿んだニキビのような物が出来る場合があり、これを毛膿炎と言います。普段からニキビが出来やすい体質の人は毛膿炎が出来る可能性が高くなります。症状がひどい場合は飲み薬や塗り薬で炎症を抑えます。
レーザーが皮膚に過剰に反応すると火傷になる場合があります。その場合は医療薬で迅速に対応します。
これらの副作用は施術中に一時的に起こる炎症などがほとんどですが、理解しておいた方が良いです。
横浜で全身の永久脱毛をしたいかたはこちら

永久脱毛にありがちなトラブルとは?

クリニックでの永久脱毛でのトラブルとして、照射の打ち漏れがあります。照射レーザーは、肌に均一にあてていくのですが、同じ箇所に重複して再照射してしまうと、火傷してしまう場合があります。テスト照射をすることにより、肌に負担がかからない照射出力を調整することになります。クリニックでは医師や看護師が常駐していますので、トラブルのアフターケアが可能になっており、副作用は少なくなっている。契約する前にリスクや保証をしっかり確認するようにしましょう。

永久脱毛後は副作用で汗の量が増える?

永久脱毛をするとワキ汗が大量に出る、ワキガになる副作用があるといった口コミがありますが全くのデタラメになります。
実際に永久脱毛を受けられて汗の量が増えたと実感される方もいますが、これは大きな勘違いになりまして脱毛した事によって汗を受け止める毛が無くなり、汗が肌を流れやすくなったからです。
副作用でもなく逆に肌がツルツルになった証拠でもありますので、安心して永久脱毛を受ける事ができます。

永久脱毛後にしたいアフターケア

自分で行うムダ毛の処理方法ではお手入れの限界がありますので、全身のケアを効率よく済ませる方法の1つとして美容皮膚科などで受けることが出来る永久脱毛が注目されています。この施術には医療機関でしか利用することが出来ない医療レーザー機器を利用した脱毛ケアが受けられるので、エステサロンで受けるフラッシュ脱毛の約半分の期間でお手入れを完了させることが出来るメリットがあります。
ただ照射威力が高いので日焼けをしている肌に施術を行うと、デリケートゾーンなどは副作用として一時的に肌が赤くなってしまったり、肌の乾燥が起こりやすくなってしまう注意点がありますので、脱毛後の自宅で行うアフターケア方法として、肌トラブルが起こってしまっている場合はお風呂やサウナなど温める行為はせずに、肌を冷やすようにすると肌の赤みが落ち着きます。
永久脱毛 天王寺 おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です